HOME機構の紹介 ≫ 組織

組織

世代間問題研究機構には、機構長の下に2つの研究部門が置かれている。
機構長は、小塩隆士教授である。

機構長     理論・計量研究部門 
   
             
 
            年金をめぐる世代間問題の分析
       
               
                少子化問題の経済理論的解明
             
             
            世代間の公平性に関する研究
       
           
          健康・医療に関する世代間問題の分析
         
           
      応用・政策研究部門
     
           
          財政・社会保障負担をめぐる世代間問題
         
           
          社会保障における企業の役割の研究
         
           
          年金・医療・介護等の持続可能性の分析
       
           
          少子化・人口減少の政策効果分析